借金がある人は住信SBI銀行を使うな!今すぐ解約を!!

sbiは止めろ 二回目の自己破産
A 40 something man, in a rage during an argument

こんにちは、らんまです。

自己破産の申し立てが決まり必要書類を集めているのですが、驚愕の事実が判明しました。

それは、住信SBI銀行の明細発行手数料がクソ高い!

破産費用でギリギリなのにドエライ出費になります…。

スポンサーリンク

自己破産には銀行の入出金明細が必要

破産申し立てをしてもらう為にいろんな書類を集めたりするわけですが、その一つに2年分の銀行の入出金明細が必要なんですよね。

で、これは残高がなくて利用してなくても、所持している全ての口座の分が必要。

財産隠しとか、謎の取引明細がないかの証明をするわけですな。

通帳があれば記帳してコピーを提出すればいいんですが、ネットバンクは通帳がないのでWEB上から入出金明細を印刷する必要があります。

入出金明細に口座名や口座番号の記載がある事が条件

どこのネットバンクでもWEBマイページから入出金明細を閲覧したり印刷したりできるのですが、こと自己破産時に提出する際は注意点があります。

それは、口座名や口座番号が入出金明細に記載してある事。

この記載がないと認められれない可能性があるらしいです。

 補足:管財人や裁判官によっては記載がなくてもスルーされる可能性もあるらしい。ただ、引っかかってしまうと色々面倒になる可能性もあるので、書類の基準は満たしておいた方がベターとの事です。

ネットバンクで条件を満たしている銀行

紙ベースの通帳が発行されている銀行だと全く問題ありませんが、ネットバンクの場合はWEB上から入出金明細を印刷する必要があります。

私が持っているネットバンクで入出金明細の条件を満たしていた銀行は下記となります。

  • 楽天銀行
  • じぶん銀行
  • 新生銀行(少しだけ手間がある)

更にネットバンクではないですが、三井住友銀行もWEB通帳化しているので紙ベースの通帳がありません。しかし条件はしっかりと満たしてくれておりました。

問題はタイトルにある通りで、住信SBI銀行でした。

住信SBI銀行のWEB入出金明細には口座名等の記載がない

はい、これです。

ないんです、記載が!

他の銀行だとPDFでダウンロードするとしっかり口座番号とかの記載がありました。
しかし住信SBIの場合、そもそもPDFでのダウンロードもない。

CSVはあるのですが、それだと意味をなさないです。

私の見ている場所が悪く、他の方法でダウンロードなどが出来るかもと思いコールセンターにも聞いてみたのですが、WEBで閲覧できる場所は私が見ていた場所しかないとの事。
そしてWEB上の入出金明細に口座番号等を表記させる設定も方法もないらしいです。

住信SBIの場合、取引明細書を郵送で取り寄せる必要がある

WEBの入出金明細では有効な書類にはならない。

じゃあどうするかですが、取引明細書を郵送で発行して貰います。

コールセンターの人が言っていたのですが、そもそもWEB上の入出金明細ではどこかに提出したりする際の有効性はないらしい。(自己破産の事は勿論伝えてませんが)

時間は少しだけかかるけど、それも1週間ほどらしいので取り寄せる事にしました。

が、ここからが重大かつ重要な一番の問題点。

発行手数料がかかる。

取引明細書の手数料は1カ月分で864円

いやね、千円くらいならいいかって思いますよ。
それでも破産者の財布にはきついですけんどね。

これを見てください。

住信SBIの証明書発行画面

 

 

 

 

 

 

864円ですよ?

しかも。

1カ月ごとに864円ですよ?

しかもしかも。

取引実績がない月でも864円ですよ?

……。

に、2年分必要なんですよ?

…………。

864×24=?

…………………………。

20,736えんんんんん!!??

ふざけんなよぉぉぉぉぉぉぉぉぉぉ!!!

20,736円の悪夢

もうね、ふざくんなよと。

自己破産費用を前倒しで払っていかなきゃいけないから本当にカツカツな状態なのに、この20,736円は死ぬほど厳しい。

コールセンターにも二回聞きましたが、

これしかねーよ

って、違う担当に言われたので他にはないんでしょう。

弁護士事務所さんにも相談しましたが、他の相談者でも住信SBIは発行して貰ってたらしいので、払う選択しかなかったです。

救いなのは、圧縮した分割金を少し調整して頂けたのでなんとか20,736円を払う事ができました(涙)。

アース法律事務所で借金問題解決

使わない銀行は解約した方が良い

きっつい出費でした。

何より堪えたのが、最近はほとんど利用してなくて残高0円状態で取引履歴もないのに、それでも1カ月864円払わなきゃいけない事。

頭が沸騰しそうでした。

ちなみに自己破産の免責が長引くと追加で明細が必要になる場合があるらしいので、弁護士事務所さんの勧めもあり住信SBIは解約しております。
追加提出する際864円取られたらたまったもんじゃないですからね。

悪い事は言いません。

使ってない銀行は整理した方が良い。

特に住信SBI銀行はATM手数料や振込無料回数も改悪になりましたし、利用してないなら解約する事をお勧めします。

 

このブログを見てくれている人ならば競馬で住信を利用している人も多いと思いますが、即PATや地方競馬なら楽天銀行が一番良いですよ。
WEB入出金明細にちゃんと口座番号とか載ってるし。


手数料や振込の無料回数を簡単に増やせる方法をこの記事で紹介しているので興味があれば見てみてください。

楽天競馬の破壊力と、楽天銀行の手数料を無料にする方法
楽天競馬を上手く利用すれば、楽天銀行のでのATM手数料や振込手数料を増やせるというお話し。ハッピープログラムを一番上位のスーパーVIPにする方法。

 

兎にも角にも、住信SBI銀行は使わないなら解約するべし!