自体は急展開。一括で弁護士費用を払わなければいけないかも…。

頭を抱える図 二回目の自己破産

こんばんは、らんまです。

前回の記事で書いた訴訟問題。

自己破産に黄色信号!?訴訟を起こされました…
ご無沙汰しております、らんまです。 ここ最近は自己破産に向けて費用の積み立ての為、慎ましやかな生活をしておりましたが…まさかの訴訟を起こされてしまいましたorz 裁判所からの手紙 いつもはチラシばかりのポストの中に、見慣れぬ封筒が...

数日後に弁護士事務所から連絡がありました。

相手企業に待ってもらえないかもしれないという内容です。

ぐぎぎ…苦しい。

スポンサーリンク

訴訟への対応

弁護士さんから聞いた話だと、とりあえず一回目の訴訟に対しては異議申し立てをすれば回避できるらしいんです。

ここまでは問題ないですよね。ここまでは。

グッド

 

しかし!!
それで引き下がる相手は皆無との事。

すかさず二回目の訴訟?をしてくるらしいんです。

二回目は防げない

で、何が問題なのかというと、二回目は無理らしいんですよ。

じゃあどうなるかというと

 

給料口座の差し押さえが入る

 

あかん…あかんでしょう。

まずいですよ、それは。

 

もし差し押さえられたらですが…

①会社にばれる

②残ったお金で自己破産の分割金が払えなくなる

③差し押さえといえど、1社だけに払ってしまうと他社が黙っていない(かも)

そうなったら…

 

破滅

 

訴訟を回避する方法

上にも書いた通り、色々まずいんですよ!

回避する方法は一つ…。

相手側から2回目の訴訟を受ける前に自己破産の申し立てをしてしまう事。

破産の申し立てさえしてしまえば、相手からの訴えも退けられるらしいんです。

お金をどうするか?

ただ、問題は自己破産費用がまだ貯まっていない事。

ただでさえ貧乏で自己破産にすがるしかない身なのに、残りの費用を払う事なんてハードルが高すぎて…。

しかし弁護士さんだって商売でやっていますし、以前に後払いで受けた人が破産が終わったあとは知らんぷりで支払いをしなかったという話もあるみたいで。

 

そもそも二回目に自己破産(一回目は個人再生)を受けてくれて、更に費用が貯まるまで債権者側を抑えてくれていた事だけで感謝感謝しかないわけですよね…。
ギャンブルで二回目の借金を抱えたこんなクズ野郎を相手にして貰っただけでも本当にありがたいのに、そんな相手に後払いでってのは虫が良すぎますよね。

 

という事で、

一気に苦境に立たされました。