リクルートカード

こんばんは、らんまです。

借金返済の為に少しでもお金を浮かそうと、生活費のほとんどをリクルートカードプラスで決済をしている私ですが(延滞しながらだけど…)、このカードが改悪になってしまったのでその内容を書いてみたいと思います。

リクルートカードプラスとは?

20130318_recruit_card_plus_

リクルート社が発行しているカードで、年会費が2160円かかります。

しかし、2パーセントがリクルートポイントで還元されるので、還元率がかなり良いカードとして一部の方には有名なカードです。

リクルートポイントは『ホットペッパー』や『ホットペッパービューティ』にも利用できるポイントなので、利用できる場面はそこそこ多いかと思います。

そして数ヶ月前に、Pontaポイントと統合されたので利用シーンが更に広がってます。

しかし…

ナナコチャージでのポイント付与が停止

今まではnanacoへのチャージにもポイントがついてました。

それにより、住民税などの税金の支払いにもポイントを付与する事ができたんです!

年間で考えると住民税だけでもかなり違いますよね?更に車に乗る人ならもっと違いが出てくるはず。

それが、今年の9月で電子マネーへのチャージポイントが終了してしまいます。

なので、今後はこのカードをメインとして利用していこうかと考えてます。それが

リクルートカード(VISA)

recruitcardvisa

プラスではない、平カードですね。

こちらは年会費は無料。ポイントは1.2パーセント還元です。

こちらでもnanacoや電子マネーへのチャージでポイントがたまるんです!

楽天カードやauウォレットと比べても0.2パーセンとだけ還元率も高いので、一先ずはこのカードをメインにして利用しようと思います。

ローソンお試し引換券

私がリクルートカードを使い続ける大きな理由がお試し引換の存在です。

ローソンにあるロッピーという機会はご存知でしょうか?

あの機会を操作する事で、Pontaポイントを商品に交換する事ができるんですね。

それもかなりリーズナブルな価格で!

例えば、アイスやお菓子が60ポイントだったり、ビール等も100ポイント以下で交換できたりするんです。スーパーより安い価格ですよね?

そうする事で更にポイントをお得に使えるのがリクルートカードの気にいっている所です。

今後は…

もっとお得になるクレカも探していこうと思ってますが、現状延滞している身分なので、この状況から抜け出さない限りはどうしようもないですね。

クレカで返ってくるポイント等は、家賃とかも含めると年間で万単位で違ってくるので、強制解約にならないように返済頑張ります。

スポンサーリンク