携帯乞食をしてきました…

こんばんは、らんまです。

日曜日はローレルベローチェの惨敗と共に、私の馬券結果も惨敗でした。

しかし、生き延びる為のとある事を実行し、車で一日中移動しておりました。

それが…携帯乞食です。

スマホがぞう

携帯乞食とは?

結構ニュースや週刊誌で話題になっていたのでご存知の方も多いと思いますが、

MNPをして端末の売却費や高額なキャッシュバックで儲けを出す、といった行為をする人達です。

数ヶ月前に総務省からの規制が強くなり、携帯乞食は絶滅したと思われてますが、まだギリギリ利益を出す事が可能。

まともに携帯を利用してる方達からしてみればとんでもない話だと思いますが、借金を返す為には手段を選べない状況なので乞食活動をさせて頂きました。

MNPをする為の下準備

まずは今回のMNPをするに当たって、と呼ばれる乗り換え元の契約が必要です。

ただ、メイン回線以外には回線を持っていなかったので、数週間前にSo-Netのsimを二回線作成し、弾の仕込みを済ませておりました。

更にクーポンもヤフオクを利用して落札。

これで大体の準備は整ったので、あとは良い条件を探すだけ…のはずでした。

しかし、あるニュースを目にしてのんびりしている暇はなくなります。

下取り端末についての規制

そのニュースとは、総務省が発表したガイドラインの中に、

『一括0円をなくす為に下取り端末の規制強化をする』といった内容でした。

下取り

現状規制されているはずのMNPの割引やキャッシュバックが存在しているのは、どうも下取りがあるからこその抜け道だったらしいんですね。(詳しくは私も知らないですが)

ただ、どんな規制が入るにせよ、これ以上キャッシュバック等に規制が入るなら、私のso-netの契約が無駄になり更に負債を増やすだけになってしまいます。なので、大急ぎでレンタカーの予約をして日曜日に動くことにしました。

日曜日の行動

数日前に目ぼしいお店に電話をして端末は予約済みです。

後は車を借りて、携帯ショップに直行!…という訳にはいきません。

なぜなら、まず下取り端末をどこかで調達する必要があったからです。

ブックオフを数件回って下取りの為のアンドロイドスマホを無事調達。

bookoff

しかし、他の人も同じ事を考えるのか、数店舗では2万円以上する端末しか残ってなかったです。(2万円では全く意味がないので)

この為に日曜日は車で移動しまくってたんですね~。

朝からブックオフ巡りをしてましたが、この作業だけで4時間くらいかかってしまいました。

いざお店に突撃

なんだかんだで高松宮記念の発走1時間前くらいになりましたが、携帯ショップに無事到着。

やはり正常な契約とは言えないので、いつもドキドキしてしまいます。(おそらくお店の人も携帯乞食なのは分かっているんでしょうけどね。)

店内を見回すと、私と同様に複数台を契約している人が数名いらっしゃいました。

そして待つこと数十分…。下取り端末も引っかかる事なく、審査もあっさり通過。携帯の開通自体はすんなり終わりました。

そして晴れてXperia Z4を二台手に入れる事ができたのです。

収支

今回の携帯で得たお金はというと…。

Xperia Z4×2台=56000円

キャッシュバック=100000円予定

弾や維持費等の諸々=110000円位の予定

合計40000円位が手元に残る予定です。

ただ、今回の回線の維持費と解約金はこれから徐々に発生するものです

なので、弾の費用等のすぐに必要な資金以外はクレカの返済に充てます!!

これは、1年後にかかるはずのお金を前借している行為。いわばドーピング

総務省の規制も一層激しくなる様相を見せているので、携帯乞食が出来るのもこれが最後になるのかもしれません。

来年の解約時期までに、何らかの手段でドーピング分を稼がなくてはいけないですね。

出来れば、競馬で…。

今回は借金返済の一つの手段として、携帯乞食の内容を書いてみました。

お読み頂き、ありがとうございました。

スポンサーリンク
バナー

少しでも楽しんで頂けましたら応援お願いします!
にほんブログ村 競馬ブログ 競馬予想へ

フォローする