二回目の自己破産は可能?弁護士無料相談を体験してきた感想

おはようございます、乱馬です。

楽天キャッシュが入る、11日までは、競馬に参加はできないので、借金の返済について考える毎日を過ごしています。

なので決して諦めた訳ではないのですが…ちょっと弁護士さんに相談に行ってきました。

本当に競馬、もしくは働いての返済を諦めたんじゃないですからね?

ただ、今回あまりにもスランプ過ぎて、お金がなさ過ぎて、精神を安定させる為にも、まずはお話しだけでも聞かせていただこうと思い、行ってきました。

どれくらいの期間が開けば、自己破産できるのか?

以前にブログに書いているのですが、私自身は、自己破産はした事がありません。

只、7年前くらいに個人再生をしています。

当時の私には半同棲に近い彼女もいて、まだ競馬にも興味がなく、自分なりの夢がある生活をしていました。 当然他のギャンブルもした事もなかったですし、比較的普通の生活をしていたと思います。 それがなぜ、借金地獄に陥ってしまったかというと

ネットで二回目の自己破産等で検索して収集した情報によると、7年くらいが目安と書いてありました。

この期間ならば再度の自己破産ができるかも

7年以上経過すると、免責不可自由には該当しないとの事。

私が個人再生をしたのは、約8年前。

情報を信じるのであれば、最悪、自己破産などができるのではないか?

今回の借金は、自分の力で返済したい…。

この思いに嘘はありませんが、この一か月程で、かなりメンタルがやられてしまって…。

そんな甘い考えで申し訳ないのですが、

頼れる物があるのならば頼りたい。

そう思い、約10年ぶりの法テラスへ行ってきました。

法テラスへGO

電話で予約を取ったのですが、来所する前に揃えて欲しいと言われたのが、

借金の内容をまとめた物。

ただ、これは手書きでも良いとの事なので、特に用意するのが大変というものではなかったです。

で、当日は予約時間の15分前位に会場に到着。

受付で上記の紙を渡して、名前や住所など、簡易的なプロフィールを書きます。

その後は、時間になるまでロビーで待機。

待っている最中、数人が受付からやってきて、ロビーの椅子に腰かけていきます。

おお、同士よ!(皆さんが借金問題とは限りませんが)

なんとなく親近感が湧きます。

そんな風に周りをいつも以上に気にしながら、弁護士さんに何を話そうかとソワソワしている内に、小部屋に呼ばれて、弁護士先生との面談が始まるのでした。

いざ、弁護士さんとの面談

時間が来ると受付の人が現れて、

「○○さん、何番の部屋にお入りください。」

といった感じで、順番に案内されていきます。

1番目に呼ばれた人は、優しそうな中年の女性の先生の所に入っていきました。

できれば、できれば私も優しそうな人でお願いします!

そんな願いも虚しく、結構イケイケな感じの男性の先生の部屋に呼ばれたのでした。

弁護士さんとの会話内容(大体こんな感じ)

「今回はどうしたの?」

「実は…ギャンブルで借金をしてしまいまして…何か出来ることがないか、ご相談させて頂こうかと」

「(書いてきた借金の内訳を見ながら)なるほどね~、この金額だと…自己破産にしますか?」

「(展開早いな…) ただ実は、数年前にも破産ではないのですが、個人再生にお世話になってしまった事があって…。それでも出来ますでしょうか?」

「!?」

「………すいません」

「何年前くらいですか?」

個人再生した際の借金の状態や経緯を説明。

「…なるほど。」

「どうでしょうか?」

「その状態だと、個人再生時に借りていた会社から抵抗される可能性が高いですね。

「そうです、か」

この時点でも難しそうな雰囲気がプンプンしておりましたが、私の場合、更に厄介な事が。

競馬漬けの生活

「まあ、借金してしまったものは仕方ないけど。家賃も高いですね?引っ越しはしないんですか?」

「はい、初期費用がなかなか貯まらなくて」

「今の給料なら、返済に充てる分以外にも、少しは余裕があるのでは?」

「あの…その分は競馬に注ぎ込んでしまって…」

「そう…ですか…。」

「…」

「…」

「現地で買ってるの?パット?」

「は、はい!ほぼネットです。」

「パットか~、そうかー。」

「…」

通帳問題

「ちょっと…自己破産は難しいかもしれないですね

「そうです、か」

「パットで購入してるとなると、どういったお金の使い方をしてきているか一発で分かってしまうからね~。心象が悪すぎるんだよな~。」

「すいません…」

ここら辺りから、少し投げやりな感じに。(居たたまれなさすぎて、自分がそう感じただけかもしれませんが)

「必ず出来るとは言い切れないけど、イチかバチか自己破産やってみますか?とりあえず20万円用意してもらって」

「20万円ですか。ダメだった場合はどうなるんでしょうか?」

「管財人に支払ったりするからね。その場合は残念だけど返ってこないかな

「後は、金融会社と話して、利息を止めてもらうとかかな」

「そうですか…他にやれそうな事とかありますか?」

「現状だとこんな感じかな」

「…わかりました。どう動くか、少し考えさせて頂いてもよろしいでしょうか?」

「そうですね。何かあればまた連絡ください」

「ありがとうございました」

会話を終えて

後は名刺を頂いて、個室を後にしました。

今回話を聞いて頂いた弁護士先生の素直な感想なんですが…決して冷たいって訳でもなく、後半はなんとなく砕けた感じで話してくれました。

ただ、少し事務的な感じだったかなというのが、率直な感想です。

自分の状況が状況なだけに、仕方ないのかなと思いもしますが…。個人再生の時にお世話になった先生と比べるとって話ですけど。

(30分の相談時間だったけど、15分くらいで終わったです)

今回の相談で感じた事のまとめ

こんな感じで久しぶりの弁護士さんとの相談は終了しました。

今回の相談でなんとなく分かった点ですが、

  • 二回目の自己破産(個人再生)は、10年くらいたっても難しいのかもしれない
  • ただ、可能性は0ではないとの事
  • 交渉で利息はストップできるかもしれないとの事
  • PAT投票は履歴が丸分かり

こんな感じでしょうか?

債務整理が二回目ってのもネックですが、それ以上に今回の借金がPATで積み重ねた借金というのが厳しそうでした。

話している内に、自分の情けなさをヒシヒシと痛感して、本当にごめんなさい!って言う気持ちが溢れてきてヤバかった…。

ただ、これは法テラスでの相談の内容なので、借金問題に強い弁護士さんならば、また違うのでは、と感じました。

法テラスだと、どういった弁護士さんに当たるかは選択できないので。(勿論、無料で話を聞いて頂けるだけでもありがたいのですが!)

前にも書きましたが、この東京ロータス法律事務所とかも相談無料で受けてくれるみたいですし。しかも何回でも。

久しぶりに相談に行って、自分みたいに借金で精神的に追い詰められている人ってたくさんいるんだなと感じました。

法テラスも相談枠埋まってましたし(全部借金ではないでしょうが)

相談するか悩んでいる人の参考になればと書いた内容ですが、話を聞いてもらって、どんな可能性があるのかを知るだけでも気持ちが軽くなったと思いますので、思い切って相談に行って良かったです。

特に競馬での借金で悩んでいる人は、PATで借金を膨らませる前にさっさと相談に行った方がいいと思います。私みたいに手遅れ気味にならない内に…。

以上、弁護士さんと話してきた感想でした!

そして私自信は後に引けないので、まだまだ競馬で頑張ります!!