ばくおん!! 10話感想 千雨を愛でる回

こんにちは、らんまです。

日曜日の大敗からのショックから、やっと立ち直る事ができました。

週末に向けて、『陽』の気を貯める為に、現実逃避しますよ!

第10話 こうはい!!

のっけから、千雨の変顔プリクラから。

この時点で、今回は千雨のいじり回だって分かりますね(笑)

というか、今週はネタ満載でかなり楽しい回でした。

ゲーセンでは、千雨が現役レーサーの貫禄を見せようとしてましたが、

事故って炎上してお母さーんって叫んだり、凛のせいで機械が壊れて本当にクラッシュしたり、踏んだり蹴ったりでした。

来夢先輩が地味にインベーダーをやり続けているのがウケますw

次の面白ポイントですが、千雨をバイク部の面々のバイクに跨らせようとする時、

羽音が『先っちょだけ!』って言って乗らせようとする所。

ここもちゃんと再現してくれるとは、先週のバイクで青春といい、アニメスタッフ良い仕事しますね!

原作通りで、その後に千雨に『押し切られてしまいそう』って言ってくれればもっと面白かったのにな~!

そして、今回も凛ちゃんが光ってましたね!

内緒のツインテールズの結成とか。千雨は本当に嫌そうでしたね(´・ω・`)

で、後半は千雨が教習所に行く話し。あと聖も一緒ですね。

最初は一発試験に行きましたが、初っ端から試験中止にw

そりゃ公道のルール知らないと落ちますわな。

その後、普通に通う事にした千雨でしたが、有名人だけあって、教習員からも特別扱いされてしまいます。

そこで素直に教えてくださいって言えばいいのに、プライドのせいか聞けない千雨。

何も学べないまま教習の判子だけはたまっていきます。

途中のシミュレーターで出てきた、『フクオカブルグ』が、怖すぎて笑えますねw

ちなみに原作では、オオサカシティってのが一つ難易度下の設定であります。

結局何もできないまま教習が進み、とうとう転倒してしまいます。

そして、聖に鳴きながらうちあける千雨。

最後は謎のGPライダー養成ギプスを使っている事を千雨に伝える聖。

聖、まともに教習生をしていると思ったら、やっぱりぶっ飛んだ子でした(笑)

お互いの弱みを秘密にするという盟約を交わして、今回の話は終了。

千雨の意地っぱりなところや、最後は泣いて告白する所とか、

本当に良いキャラですよね。

来週はじてんしゃって回らしいけど、糞虫ペダル、やるんでしょうか?

物議を醸し出す気がするけど、面白いからやってしまってほしいっすね!

ほとんど思うままに書いているので、駄文ですみません。

週末に向けての気分上げみたいな物なので、ご容赦ください(´・ω・`)